ハイチ地震M7.2治安悪化と新型コロナ感染拡大!食料は大丈夫?

by:skyticket

ハイチ共和国で2021年8月14日午前8時29分(日本時間午後9時29分)ごろ、マグニチュード7.2の地震がありました。

建物の損壊被害も多く発生し1000人以上の死亡が確認されていますが被害状況の全容がわかっておりません。

アンリ首相はハイチ全土に1か月間の非常事態宣言を発令しました。

ハイチの治安悪化と新型コロナ感染拡大がとても心配です。

食料は大丈夫なのでしょうか?海外の支援状況はどうなのでしょうか?

カリブ海の島国ハイチはとても美しい国で女子テニスの大阪なおみさんの父レオナルド・フランソワさんの母国でもあります。

現状をわかりやすくお伝えいたします。

ハイチ共和国治安悪化は必至!

今回の大地震でさらに治安が悪化することが予想されます。その理由を見ていきましょう。

2021年7月7日午前1時頃、ハイチ共和国のジョブネル・モイーズ大統領が暗殺されました。九死に一生を得たマルティーヌ夫人は以下のように語っています。

マルティーヌ氏は、モイーズ大統領は乱射され「蜂の巣状態」になったと説明。襲撃は一瞬のことで大統領は「一言も話せなかった」と述べた。

by:BBC NEWS

また、マルティーヌ夫人はこの痛ましい事件について「政治的理由だと示唆」しています。

しかし、モイーズ大統領殺害の首謀者や動機は明らかになっておりません。

下記写真は拘束された容疑者の写真です。

by:BBC

事件当時はクロード・ジョゼフ氏が暫定首相を務めていましたが、ジョゼフ・ランベール議長が新大統領にアンリ新首相を据える案に署名しています。

今回の暗殺事件でハイチ当局はアメリカと国連に軍の派遣を要請しましたが、どちらも派遣する予定にはないとの事です。

今回の地震で危機管理の不備が露呈すれば、さらに政治的混乱が起こることも十分考えられるでしょう。

by:BBC

そうなれば、強盗、窃盗、密売などの治安悪化は避けられません。

また、コロナ禍なのにマスクの未着用が目立ちます。

ハイチ新型コロナウイルス感染症の対策は十分か?

ハイチでは1日平均で38人の新規感染者が報告されておりピーク時17%で推移しています。

by:REUTERS

しかし、地震直後の写真を見てもマスクをしている人がまばらです。これでは感染対策が十分とは言えません。

緊急援助物資として医療物資やコロナワクチンとマスクや消毒剤など必要になりますので1日も早い支援をお願いいたします。

ハイチ地震食料の備蓄はあるのか?

中南米・カリブ海域の最貧国であるハイチでは、平地が少ないことから耕作面積が僅かであり、一人当たりの耕作規模は零細です。また、同国では、農業インフラが欠如しており、農業生産性は極めて低く、農民の70%以上は自給自足が出来ない状況にあります。このため、同国では食料自給率が低く、輸入作物に大きく依存しており、特に主要食糧のコメは消費量の80%を他国からの輸入に依存しています。近年の国際的な穀物価格の高騰により、ハイチ国内の食料価格も上昇しているため、同国では慢性的な食糧不足の状態が続いています。

by:外務省

ハイチでは食料備蓄は無いに等しいといえるでしょう。

一日も早く国際的な支援が絶対に欠かせません。

もし、この支援を怠ると貧富の差が大きくなり、コロナ感染症を始め戦争などあらゆる問題の引き金になるでしょう。

私一人一人ができる募金でも貢献できると思います。

早く復興できるようにお手伝いしましょう。

ハイチ地震国際社会支援相次ぐ

死者は1300人以上になる見込みです。

ハイチは甚大な被害を受けていますが、いち早くアメリカの米国国際開発庁は15日に特別救助隊のチーム65人を派遣することを決定しました。

フランシスコ・ローマ教皇は世界に向けて連帯するように訴えています。

まとめ

  • ハイチの治安:7月に大統領がされました。今回の地震の対応いかんでは治安が悪化することが考えられます。
  • コロナ感染症は大丈夫か:十分とは言えません。一日も早い支援が必要です。
  • 食料備蓄はあるか:コメの80%は輸入に依存している。

一日もはやい復興が出来るように一人一人が考えていきましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました