情報商材詐欺に騙さた?秘密に解決出来る弁護士をご紹介!

情報商材とは「仮想通貨」「転売・せどり」「アフィリエイト」「FX・バイナリー」「動画配信」「ネットビジネス」のマニュアルや講座のことをいいます。

ここ近年、「1日数分の作業で月に数百万円稼ぐ」とか「数万円が数億円になる投資法」といったお金儲けのノウハウを伝授する内容で相手のお金を騙し取る被害が増えています。

しかし、情報商材を購入するときは「簡単儲かりそうだな!」「自分にも出来る!」とか「金持ちになって遊べる!」「これで好きなものが買える!」と夢でいっぱいの場合が多いですね。

しかし、実際は思ったほど儲からない場合がほとんどです。なぜなら商材の中身より買い手からお金がもらえれば目的が達成され、相手が儲かろうが損しようがどうでもいいのです。

そこで、今回の記事では情報商材の勧誘に騙された?場合の対応方法と返金解決するときに知っておきたい最強の弁護士をご紹介します。

それでは一緒に見ていきましょう。

情報商材詐欺に騙された?と感じるポイント

「これを読めば月収100万円」とか「単純作業で収入倍増」といった儲け話の情報商材詐欺にはターゲットがイメージして共感できるように仕組まれた一定のパターンがあります。

それがこちらです。↓

【情報商材詐欺のストーリー仕立てのパターン例】

1.人生試行錯誤編:会社に入社するもサービス残業が月100時間超え。給料が増えず社畜のように働かされる。現状に満足できず一発逆転を狙う。

2.人生どん底編:転職を繰り返しても毎日残業で帰宅するのは連日深夜!その挙句に病気で失業することに!

3.人生逆転編:失意のどん底で自分の不甲斐なさを身に染みて感じる。そこで、会社員を諦め起業することを決意!そこで、運命の師匠と出会い、師匠の指導のもとネットビジネスを始める。そして、人生が逆転する。という物語。

問題なのは「やれば誰でも出来る!」「年齢は関係ない!」「単純作業の繰り返し!」というキーワード!

そして、最後には「無料特典」や「無料メルマガ等」へ誘導し登録を促します。

こんなパターンがほとんどです。

上記のようなパターンの勧誘があったら「情報商材詐欺」を疑ったほうがよさそうです。

しかし、「僕でも出来そうだ」「やってみよう」と相手側が思わせるように仕掛けてきます。

相手の思惑にはまると、気持ちがワクワクしてしまい、その話しか頭に入らなくなり期待だけが膨らんで、最後には悪質な情報商材を買ってしまうことに発展するのです。

でも悪質商材を購入した時は、情報商材詐欺だとは微塵も思っていないんですよね。

そんな時は相談無料の弁護士相談することをおススメします。↓

被害にあった資金を取り戻しましょう。

在宅ワークなどのネット副業関連の詐欺被害なら「弥栄法律事務所」までお問い合わせください。

情報商材詐欺の具体的な手口とは

  1. インスタやFacebookなどのSNSでアプローチ
  2. 無料のライディングページで誘導
  3. メルマガやLINEで囲い込み
  4. 無料商材か少額の情報商材を購入させる
  5. 電話勧誘にて高額のバックエンド商品やコンサル契約をさせる

ここで注意しなければならないのは、年齢関係なく誰でも稼げるとアピールしたり、情報商材を使って稼いだ成功者の体験談を見せてきます。

成功者の体験談はほとんどが「ウソ」が多いです。

ハッキリ言って簡単に誰でも金稼げる商売はありません。

情報商材詐欺だと気づくとき!

情報商材詐欺に気づくキッカケは下記のようなことが多いです。

  • サポートの期限があり突然販売元と連絡が取れなくなる。
  • 収益が上がらず相談をしてもそっけない返事しか返ってこない。
  • 「単純作業で収益化」とは程遠く複雑で難しい。
  • 勧誘された説明と実際の作業が違う。

このようなことを感じる時は間違いなく情報商材詐欺に騙されています。

騙されたときのショックは大きいし怒り心頭です。また、恥ずかしくて家族や友人に相談出来ない人もいますよね。

情報商材詐欺にあっても返金の可能性はあるか?

返金の可能性は十分あります。

それには情報商材詐欺返金の法的根拠が必要です。

  • クーリングオフ:購入後一定期間であれば解約できるというもの。さらに法定書面が交付されていなければ期間経過しないことになっています。また、法定書面は細かく規定されており不備があれば「法定書面とは認められず書面は交付されていないもの」とみなされます。なので気づいたら解約できる場合が多いです。
  • 消費者契約法による取り消し:実態が無いのに「誰でも稼げる」とか「簡単に出来る」などといったウソや大げさなことを言っていた場合に該当します。
  • 民法の詐欺取り消し:民法により詐欺行為と認められた場合です。

上記の要件が1つでもあてはまれば返金の可能性は十分あると言えます。

しかし、返金解決は専門の弁護士に依頼することをおススメします。

では、私がおススメする無料で相談できる弁護士を紹介しますので詳しく見ていきましょう。

情報商材詐欺を得意とする法律事務所のご紹介

これから紹介するのは情報商材系に特化した専門の弥栄法律事務所です。家族に秘密にしてくれますし相談が何度でも無料なので被害に遭った方は是非相談してみてください。しかも全国対応です。

弥栄法律事務所とは?
  • 代表:和田雅弘
  • 所属:東京第二弁護士会
  • 所在地:東京都千代田区神田神保町1-60 橋口ビル2階
  • 相談料:何度でも無料
  • 着手金:無料、完全成功報酬型
  • 依頼金額:回収額の25%
  • 強み:情報商材詐欺、ネット詐欺、出会い系詐欺、副業詐欺の解決を得意とする

被害額の50%以上の返金に成功しており経験と実績があります。

【解決までの流れ】

  1. まずは無料相談
  2. 詳細を確認し返金の可能性がある場合は委任契約書の取り交わし
  3. 詐欺グループと和解交渉
  4. 詐欺グループと和解書の取り交わしを行い返金
  5. 解決!

【無料相談までの流れ3ステップ】

  1. 「無料相談はこちら」をクリック
  2. 相談方法を選択する
  3. 被害を相談する

以上で完了です。

【相談方法は以下の3つです】

  • メール
  • LINE
  • 電話

ご自身のやりやすい方法でご相談ください。

解決方法はどうするの?

相談内容によりますが、詐欺グループも逮捕されたくないし口座を差し押さえられたくないので解決に向けて前向きに考えてくれるようです。

また、詐欺グループが訴訟に持ち込まれると不利なことは十分知っているので強気にはなれないようです。

解決は情報商材で支払った金額にプラス和解金を含めて返金するよう弁護士が交渉します。

まあ解決方法は専門の弁護士にお任せしましょう!

まとめ

  • 情報商材詐欺には一定の騙すパターンがある
  • 情報商材詐欺に騙されたときは100%成果が上がらない
  • 成功者の体験談はほとんどがウソ
  • 弥栄法律事務所は秘密厳守で家族にも知られないように解決してくれる
  • 詐欺グループも法律にはかなわない
  • 交渉事は弁護士にお任せする。

情報商材詐欺にあっても泣き寝入りだけはしないで頂きたいと強く思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました